エステティシャン

お客様を美しく

エステティシャンの仕事は、さまざまな施術を行うことで、顧客を美しくして差し上げるのがメインのお仕事。
美容関連の代表ともいえる仕事です。

施術には、フェイシャルや痩身、美白などさまざまな種類があり、サロンによってもその施術内容は異なりますので、かなりたくさんの勉強をしなければなりません。
本格的なサロンでは細胞学や人体学などについての勉強をしなければならないところも多く、医学関連の知識を必要とするサロンもあります。

大手のエステサロンになると、施術に若干の違いはあるものの、行っている施術にそう変わりはないので、転職などをしてもスムーズに業務に入ることができるかと思われますが、こだわりのあるサロンになると、自分のサロンでしか展開していない施術もありますので、同じエステティシャンでも概念などがまったく異なってくるため、転職をした場合には最初から学び直しをしなければならないこともあるようです。

実はハードな仕事

エステティシャンの仕事は、顧客に施術を行うのはもちろんですが、サロン内の清掃、コスメなどの備品の補充や管理、講習会の参加など、いろいろなものがあります。
講習会などについては、閉店後から行われることが多いので、帰宅は深夜になってしまうことも。
一件とても優雅な仕事に見えますが、実はかなりハードな仕事なのですね。

そもそも、顧客が裸で寝そべっていても寒くないような環境で、全身マッサージを行わなければならないこともあるほどですから、そのハードさはかなりのもの。
そのため、心身ともにきつくなって辞めてしまう方も多く、特に大手サロンになると人手不足が顕著に表れているサロンをよく見かけます。

やりがい

エステティシャンのやりがいは、施術によってお客さまがきれいになり、「施術を受けてよかった」と笑顔を見せてくれることが一番大きいようです。
ほかにも、自分で「この施術はしっかり行えた、施術前と施術後では、お客様の身体のサイズが2cmも縮んでいる」などと、自分の施術による達成感を味わうこともできますので、前向きに施術を行うことで、大きなやりがいを感じられる仕事だと思います。

ほかにも、サロンでの業務で習得した知識は、そのまま自分に対する美容にも活かすことができますので、仕事をしながら美容情報を得て、自分も美しくなれるというのは、大きなメリットであるといえるでしょう。
ちなみに、サロンで取り扱っているコスメに関しては、社員割引で購入することができるので、これも大きなメリットですよね。

エステティシャンの資格(作成中)