エステティシャンの資格

エステティシャンも、必ずしも資格が無いと働けないということではありません。
現在現役のエステティシャンとして第一線で働いているベテランの方は、無資格者もかなり多いです。
しかし最近は、エステの専門学校などもたくさん開設されていますので、学習の総集として資格を取得するという方も増えています。

エステティシャンが取得するための資格はさまざまありますが、ほとんどが民間の団体が運営している資格で、現在エステティシャンにおける国家資格というものはありません。
しかし主流となっている資格はいくつかあり、中でも日本エステティック協会が運営している「認定エステティシャン」という資格は、専門学校に在学している人が卒業までに取得する資格として知られています。

こうした資格を取得するには、運営している団体が主催している講座を受講することが受験資格となっていたり、またその団体の会員として会費を支払い登録することが必要になるなどの受験資格を設けているところが多いです。
会費も比較的お高いところもありますので、受験においては受験費用のほかにお金がかかる可能性があることを念頭に置いた上で、受験する資格を検討するとよいと思います。

また、エステ協会のほかにも、それぞれのエステが行っている講座を受講し、修了試験をクリアすることで、そのエステで働くことができる、またはパートナーショップとして開業することができるというシステムを採用しているサロンもあります。
独自のコスメを使用しているエステになると、そのコスメや施術に関する技術や知識をきちんと習得してからサロンで働いてほしい、また開業してほしいという思いから、講座の受講を必須としているところは多いです。

こうしたサロンが運営している講座に関しても、専門学校並みの費用がかかることがありますので、受講はよく検討されたほうがよいと思いますが、そのサロンの施術やコスメい惚れ込み、ここで働きたい、このコスメを使ったエステを開業したいと思うのであれば、民間団体が運営している資格を取得するよりも、専門サロンの講座を受講するほうが、将来的に役に立つという可能性はあります。

エステと一言で言っても本当にたくさんの種類がありますので、まずは自分がどのエステサロンでエステティシャンとして働きたいかということを検討した上で、それに関する資格試験を受験するとよいでしょう。
ロミロミやインドエステ、リフレクソロジーなど施術はさまざまありますので、いろいろな施術を体験してみるとよいと思います。