エステティシャンになるには

就職方法がだいぶ変わった美容業界

エステティシャンを始め、一昔前の美容業界は専門学校などを出ていなくても、見習いから就職できるケースがほとんどでしたが、今は高校を卒業後専門学校などで勉強し、その上で就職をするという人がとても増えています。

エステティシャンは本来特に資格などは必要ありませんので、専門学校を出ていないと働けないということもありません。
専門学校で学んでも最初は見習いから入りますので、そのまま就職した人と同じように実務を通して技術を身につけていけるが、それでも学校に行って資格を習得してから就職するのが当たり前の時代になてきているようです。

特に大手の有名エステサロンになるとその傾向が強く、未経験かつ中途採用で内定をもらうということは、よほどの人手不足でない限りほとんどないようです。
チェーン系のリラクゼーションサロンや、個人運営のエステサロンの場合は、人柄などを重視して未経験で採用されるケースもあります。

とはいえ、エステの施術はお客様の体に直接触れて行うものになりますので、やはり人の肌や体の構造についてある程度理解した上で施術技術を学ぶほうが、より安定した技術をお客様に提供することができますので、専門学校やスクールで基礎知識を身につけてからのほうが、実践にスムーズに入ることができるようです。

専門卒のほうが有利

近年エステティシャンを目指す人は増えている傾向にあり、有名店になると採用の倍率がかなり上がってきているといわれています。
そのため、同じ新卒でもまったく知識のない人よりも、ある程度基礎知識を持っている人のほうが即戦力として活躍してもらえるため、採用するなら専門卒や有資格者をとかんがえる企業が多いようです。

専門学校に在学中に資格をいくつか取得している人もたくさんいますので、こうしたスキルをアピールできる人のほうが採用されやすいのは理解できますね。

自分の働きたいエステサロンが決まっているのであれば、専門学校などで本格的にエステについて学び、取得できる関連資格はできるだけ取得して面接に臨むことで、希望のサロンのエステティシャンになれる可能性は高くなるはずです。

サロン選びの際には、実際にお客さんとしてお店に訪れ、施術を受けて技術が高いと感じるサロンにを選ぶことをおすすめします。
サロンによってさまざまな考え方があり、施術方法や導入機器が異なりますので、より自分に合ってると思えるサロンで働くほうが、充実した仕事ができると思います。