エステティシャンのやりがい

サービスを提供する

エステシャンの仕事は、お客さまにエステを施すのが仕事であり、お客さまの要望にそってエステを行います。
メニューは予め用意されており、マニュアルなどもありますが、お客さまがこうして欲しいという要望もあり、一人一人違う要望があります。
そんな要望に応えてエステを行ったとき、お客さまから感謝の言葉を頂けば、よろこびを感じるのと同時に、自分のエステの技術が確かなものだとも実感します。

不特定多数お客さまにエステを施すので、日々仕事をしていく中でも変かが多く、飽きの来ない仕事です。
仕事をしていればサービスの質を上げようとも自然と考えるようになりますので、自分の経験や技術を考えてよりよいサービスを提供するにはどうすればいいか考えることは、エステシャンにとってのやりがいになるでしょう。

お客さまの悩みを解決する

エステに来るお客さまは、人それぞれの色々な悩みがあるのでサロンに来ます。
脂肪を少なくして痩せたかったり、肌を美しくして美肌になりたかったりと、お客さまそれぞれの悩みは違います。
多くの場合は1度だけの施術ではなく、何度もエステサロンに来て施術を受けてもらった方が良い場合が多く、エステシャンはお客さまと二人三脚で長い間お付き合いをして、悩みを解消していきます。

そして施術の効果が表れてお客さまが喜ぶと、エステシャンとしてのやりがいや喜びを感じるものであり、何よりもお客さまにありがとうなどの感謝の言葉をもらったときは、とても嬉しい気持ちになります。
施術によって変化したお客さまの様子を見れば、仕事をしていて良かったと実感するでしょう。

人を美しくする

エステサロンにくるお客さまは、色々な悩みを持っていますが、その根本にあるのは美しくなりたいという思いです。
そのためにエステシャンはお客さまの悩みを解決して美しく改善する方向に導くのが仕事であり、お客さまが喜べばエステシャンも同時に喜びを得ます。
さらにはどのようにすれば、お客さまに一番効果的な施術を施せるのかなどを考えるのも仕事であり、それは経験や培った技術を使って考えるものであり、そこはエステシャンの手腕の見せ所です。

効果の無いような施術ばかり行うようなエステは、一度来たお客さまはリピーターとはなり得ませんが、お客さまのために施術を行うようなエステサロンはリピーターとなるお客さまも多く、エステシャンはお客さまとの信頼も築けます。
嬉しいとか有り難うなどという感謝の言葉がもらえるのもエステシャンには嬉しいものですが、お客さまとの良好な関係が築ければ、施術も和やかなムードの中でスムーズに行うことが出来、仕事をしていてもとても楽しいと感じるでしょう。