アパレル販売員の資格

アパレル販売においても、資格試験が存在します。
アパレル販売の仕事をシたいという方はもちろん、すでに販売員として仕事をしている方も、スキルアップのために受験される方が多いようです。

アパレル販売の代表的な資格として、「ファッション販売能力検定試験」というものがあります。
これはショップでの接客技術や商品知識、ショップのマネージメントなどの知識を検定するための資格になりますが、アパレル業界で働くのであれば役立つものばかりですので、興味のある方はぜひ受験してみるとよいと思います。

そのほか、「販売士」という資格試験もあり、こちらはアパレル業界だけではなく、商品やサービスを売る仕事をしている人すべてに当てはまる資格です。
以前はファッション販売能力技能検定はなかったので、こちらの販売士の資格が主流でした。

そのほか、アパレル販売は色の理解も重要になりますので、色彩検定やカラーコーディネーター検定を受験される方もいらっしゃいます。
季節に応じて商品の色は変わっていきますし、上下の色の組み合わせなどについても、色に関する知識を習得していてこそよりよいアドバイスができるというもの。

色彩検定とカラーコーディネーター検定は、どちらも色に関する問題が出題されるということは同じなのですが、どちらかというとカラーコーディネーター検定はデザイナーの人が受ける傾向にある様子。
販売員の方は、色彩検定を受験される方が多いようです。
ちなみに色彩検定は国家資格で、カラーコーディネーター検定は商工会議所が運営しています。

このように、アパレル販売においてもさまざまな資格を取得し、活用することができます。
もちろん販売の仕事を行う上で、資格取得は必ずしも必要なものではないのですが、こうして資格試験を通して販売についての学びを深めることで、より仕事への理解が高まりますし、売上の向上にも繋がります。

そのほか、外資系のブランドで働いている方は、英会話を習得するためにTOEICや英検の受験をされる方もいらっしゃるようです。
外資になると英会話能力が必須のところも多いですが、そうでなくても最近は外国人客が増えているため、ちょっとした会話はできるようになりたいと考える努力家の販売員が増えているのだとか。
TOEICは勉強するごとにスコアが上がっていくので、ハマってしまうという人も。
アパレル販売もどんどん奥が深くなってきましたね。こうして優秀な販売員が増えると、お買い物も今まで以上に楽しくなりそうです。