アパレル販売員になるには

資格無しで働ける

アパレル販売員になるには、資格は必要とせず、未経験でも働けます。
その仕事場所は全国チェーンの大手アパレルショップから、街の小さなお店、または百貨店などに入居してるショップ、ブランドショップなどでも働くことは可能です。
好きなブランドがあるから、そのショップで働きたいという方もいます。

ショップの規模によってどれぐらいの店員を雇うかは違ってきますが、資格が何もなくても雇ってくれることが多いです。
アパレルに関連する資格としては、色彩検定やファッション販売能力検定などがあり、アパレル販売員として仕事をするなら、このような資格の有無は問われません。
しかし仕事を続けていると、自分のスキルアップのために取得する方はいます。

アルバイトからのスタートが多い

アパレル店員として働く場合は、契約社員やアルバイトとして働く人が多い職種です。
ショップによってはコストダウンのために、正社員は雇わず全てアルバイトで賄うという職場もあります。
アルバイトからスタートしたら、能力などや勤続年数に応じて、ある程度経つと正社員に慣れるような制度を設けているところもあります。

定員として働くなら学歴は求められませんが、正社員として働くなら大卒以上の人を雇うショップも多いです。
有名なブランドショップなどになればなるほど、学歴を重視する傾向が強くなり、どこで働きたいかでもあなたの学歴は問われることとなります。

ファッション関係の知識もさほど必要とされませんので、ファッション関係の専門学校を創業してアパレル店員になるような方は少ないです。
業界全体としてはアパレル店員の需要は高いので、たとえ正社員として採用されなくても、他の場所で派遣社員などとしての採用があったりします。

アルバイトや派遣社員として働いたときは、給料は時給制となりさほど高い給料ではありませんが、長い期間勤めればいずれ正社員としての道もあり、さらに上の役職を目指して店長やエリアマネージャーになることも可能です。
このような役職になれば給料も高くなり安定するので、待遇アップを目指す方はこのような地位を目指しても良いかもしれません。

もしも仕事を探すならフリーペーパーやバイト情報サイトなどを使って探すこととなるでしょう。
需要が多いので、いくつもの募集情報が見つかると思います。
ただしこの業界での仕事はハードであり、人の入れ替わりも激しい世界です。
仕事は終始立ちっぱなしの仕事であり、接客をするのも大変ですが、職場の人との人間関係もありそれに苦労する人も多いです。
接客しながら常に笑顔でいないとならず、ショップによってはノルマもありますので、それをこなすのも一苦労するでしょう。