インテリアコーディネーターのやりがい

イメージを形に出来る

インテリアコーディネーターは、インテリアをコーディネートしていくのが仕事であり、住宅の壁紙や家具や内装などをお客さまに提案していきます。
お客さまは、最初は住宅の内装に関して漠然としたイメージしか持っておらず、大雑把にしかイメージを伝えてきません。

それをインテリアコーディネーターが、そのお客さまのイメージから具体的なイメージを作り上げて内装を完成させていき、そして時にはお客さまの要望を聞きながらそれも取り入れて完成させます。
そのようなお客さまと一緒に内装を作り上げて、自分も相手も納得のいくものが出来たときは、とても充実感があり喜びも感じます。
そして同時に大きな達成感も得るでしょう。

お客さまからの感謝の言葉をいただく

インテリアコーディネーターとして仕事をしていくと、お客さまの要望に応えて家の内装を考えて決めていきます。
その中で自分のイメージとセンスで内装を考え、そしてまたお客さまの要望も聞いて相談しながら考えてきます。

そのようにしていずれ内装が完成すると、時にはお客さまがそれを気に入ってくれて、ありがとうやあなたに頼んで良かった、などのことを言ってくれる場合も多いです。
このような言葉を頂いたときは、インテリアコーディネーターとしてはほんとうに仕事をしていて良かったと実感するものです。
また場合によっては、お客さまがまたあなたに相談したいと言うような方もいますので、一人のお客さまと長い付き合いになることもあります。

信頼を得たとき

インテリアコーディネーターとして仕事をすると、お客さま以外にも建築や住宅メーカーや現場監督など住宅に関わる人達とも仕事をしていきます。
そうして仕事を続けていくと、そのような人達とも良好な関係を築いて信頼を得るようなこともあります。

そんな関係を築くとより仕事がやりやすくなり、インテリアコーディネーターに仕事を任せてくれるようにもなるので、そのような時は自分の技術が上がったんだなと実感できます。
仕事を続けていけば、最初の頃とは違ってきますので、少しずつセンスや技術が磨かれていくのも実感できるでしょう。

もちろんインテリアコーディネーターとして仕事をしていくなら、日々自分のセンスと技術を磨いていくことは重要であり、それによりより良い内容をお客さまにも提案できるようになります。
最初の頃はお客さまの要望にも、よくわからないことがあり応えられないようなことがあっても、次第にインテリアにも詳しくなり、どんなお客さまの要望にも応えられるようになると、それもまた自分の実力が付いたと実感できるはずです。
実力を磨けるので、大きなやりがいのある仕事でもあります。