インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるにはさまざまな流れがありますが、「インテリアコーディネーター」という仕事が明確になっているところは少ないので、インテリア業界で働くことになって、結果的にインテリアコーディネーターとしての業務を行っていた、というケースが多いようです。

例えば、インテリアショップで最初は販売員としてアルバイトをしていて、その後正社員として雇用され、お客さまから住居購入にあたり、家全体のバランスを考えて家具を選んでほしいという依頼が入ったら、それはインテリアコーディネーターとしての仕事になりますよね。

インテリアショップの場合は、最初から正社員で雇用することは少なく、始めはアルバイトから入ってショップに立ち、商品の傾向や特徴などを十分に理解してもらった上で、適性や仕事ぶりなどを見ながら正社員として雇用する、ということがままあります。
そのため、最初から求人でインテリアコーディネーターを募集していて、それを見て応募する、ということは少ないのではないでしょうか。

また、インテリアコーディネーターの資格を必ずしも取得していないと業務に入ることができない、ということではないので、インテリアコーディネーターとして働いている方でも無資格の方は多いです。
実務をする上で、より知識を深めようと資格試験を通して学ばれるという方もいらっしゃいます。
必ずしも資格と仕事が直結しないのが、インテリアコーディネーター。

そのほか、企業に属していない方は、フリーで依頼を受けて家具などのコーディネートをしたり、インテリアコーディネート教室を開催しているという方もいらっしゃいます。
またインテリア雑誌の企画や監修をしているという方も。
インテリアコーディネーターの仕事は、具体的にこれ、というものが決まっていないので、それぞれがインテリアに関するさまざまな働き方を模索してお仕事をされているようです。

インテリアコーディネーターになるには、まずはインテリア関係の会社に入社することが近道です。
その会社でインテリアコーディネーターとして働くことができなくても、インテリアのさまざまな知識が身につきますし、ネットワークも広がります。

その上で、そのネットワークを使ってインテリアコーディネーターとしてスキルアップしていくのもよいですし、企業でコーディネーターとしての仕事をするということも。
まずは業界に入ることが、インテリアコーディネーターになるための最初のステップだと考えてよいと思います。