医療事務

医療事務の仕事は、医療関連の事務の仕事を行うのが主な業務になります。
「医療関連の事務」というと、どんなことを指すのかわからないという方、一般事務とさほど変わらないのではないかと思われる方などいらっしゃるかと思いますが、一般事務と医療事務では、かなり内容が違ってきます。

知識が必要な仕事

医療事務の主な事務作業は、医療費の計算などがあります。
美容整形外科などでも、保険適用の場合は医療事務が医療費を算出します。
私達は多くの場合、健康保険証を提示して、国からの補助を受けて医療費を支払っています。
今は、社会保険でも、国民健康保険でも、大人は3割負担になっていますよね。
この負担額を計算するには、細かい計算方法で算出する必要があり、「点数」など計算して、医療費が出ます。
この計算を行うのが、医療事務の主な仕事です。

この業務については、いきなり机に座ってできるものではないので、事前に勉強しておく必要があります。
勉強するのに一番効率的なのが、医療事務の資格取得に向けて勉強すること。
資格取得については、独学でも勉強することができますし、通学制のスクールも多数存在します。
一番多いのが、通信講座の利用。大手通信教育会社では、医療事務の通信講座をかなり大々的に広告しており、実際にとても充実したカリキュラムとなっていますので、自宅でも十分に知識を習得することができるたえ、通信講座を利用して資格を習得される方が非常に多いです。

安定したお仕事

医療事務の仕事をするメリットは、安定して仕事ができるということが挙げられます。
病院によって勤務時間は異なりますが、クリニックの場合は日曜日にお休みを設けているところが多いので、既婚者の方や育児中の方は、日曜日にきちんとお休みがとれるということはとても助かるので、ぜひ働きたいと考える方が多いようです。

ほかにも、専門性の高い仕事になりますので、転居などに伴い退職せざるを得ないときも、転居先で再就職がしやすいというメリットもあります。
ほかの項では、医療事務の資格について掘り下げていますので、これから資格取得を目指したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

医療事務の資格(作成中)