医療事務の資格

医療事務の仕事も、人気のある職業のひとつ。
この仕事に就くためには、資格を取得していることが前提となるようです。

医療事務の仕事をするために、資格を習得していないといけないということはありません。
しかし医療事務の仕事は一般事務とは異なり、専門性の高い業務になりますので、まったく勉強をしないで実務に就くということはまず不可能だと考えてよいでしょう。

資格取得を通して知識を身に付けることが、学びを深めるより効率的な方法になりますし、資格を取得することで面接時のアピールポイントにもなりますので、医療事務の仕事をしたいという方は、まず資格を取得される方がほとんどです。

医療事務の資格には数種類ありますが、国家資格はありません。
すべてが民間の資格になりますので、ご自身でより合っていると思われる資格を選んで受験します。

受験者が多い資格としては、「メディカルクラーク検定」や、「医療事務管理士検定」などがあります。
メディカルクラーク検定は、ニチイが提供する通信講座を受講することが受験資格となっており、医療事務管理士検定はユーキャンの提供する通信講座を受講することが受験資格となっています。
これらの講座は、自宅で自分の好きな時間に学ぶことができることから人気があり、手軽に取り掛かれることから受験者がとても多いです。

難易度は高いけれど、国家認定資格として存在するのが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。
これは国家資格ではないのですが、医療事務のより高度な、そして幅広い知識を習得しているというアピールができる資格。
合格率は3割程度とかなり難易度の高い資格になりますが、その分実務に役立つと思います。

診療報酬請求事務能力認定試験においては、独学で学んで受験することも可能ですが、かなりレベルの高い問題も出題されますので、独学に限界を感じた方は、スクールなどを利用して学ばれる方もいらっしゃいます。
独学だとわからないところを誰かに相談することができないので、勉強が行き詰まりやすいですが、スクールの場合は講師と質疑応答をすることができますし、同じ目標を持っている人たちと協力し合いながら学習することができるので、よりモチベーションがアップします。

医療事務の資格取得を検討されている方は、それぞれの資格の特性などを調べてから受験することをおすすめします。
ユーキャンの資格しか知らない、という方も多いかと思いますが、探すと10種類以上の資格があるようですので、まずは情報収集から始めて、より実務に活かしやすい資格を取得するよう検討してみましょう。