メイクアップアーティスト

メイクアップアーティストの仕事は、顧客にメイクを施して差し上げるお仕事になります。
対象の顧客は、一般人のこともれば、芸能人やモデルであることもあり、そのメイクアップアーティストのレベルに応じてメイクを施す対象者はさまざまです。

一般の方から芸能人まで

芸能人やモデルのメイクを担当しているメイクアップアーティストは、専門の事務所に登録をしていて、撮影隊や編集部などからメイクのオファーが入ったら、現場に向かって施術を行うという形で働いている方が多いようです。
撮影だけではなく、ファッションショーなどのメイクも担当しますので、その活躍の場は多岐にわたります。
事務所に所属している方は、オファーがあったときのみ出動する形になりますので、あいた時間にはバイト感覚で結婚式などのメイクをしたり、メイクの講習やワークショップを行うなどして副収入を得ている方もいらっしゃるようです。

一般人のメイクを中心にお仕事をしているメイクアップアーティストは、美容室で働きながら、成人式や結婚式など、特別な日のメイクを行っていることが多いと思われます。
その他最近は、キャバクラの専属として、ヘアメイクやメイクアップを行うというお仕事の需要が高いようなので、夜にキャバクラに出向いてメイクをしている、という方も。

美を追求できる喜び

メイクアップアーティストのやりがいは、まずメイクが好きだということを前提とした上で、自分の理想とするメイクが完成したときや、顧客から感謝や御礼の言葉をいただけたときに感じることが多いようです。
ファッションショーのメイクになると、舞台裏はかなり活気にあふれていて、どんどんモデルのメイクを次々につくっていかなければなりません。
こうした仕事は、モデルや舞台裏のスタッフとの一体感があり、快感さえ覚えるのだとか。

ほかの項では、メイクアップアーティストになるための流れや、学校の情報などについてご紹介しています。
OLからのキャリアチェンジでメイクアップアーティストになった、という方も少なからずいらっしゃるようですので、メイクアップアーティストになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メイクアップアーティストになるには(作成中)