メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストとして働く場はたくさんありますので、それぞれの働く場所によってメイクアップアーティストになるまでの流れも変わってきます。

まず、メイクアップアーティストになりたいと思ったら、専門学校でメイクに関する知識を学ぶということについては、どの業界でも同じです。
専門学校を出ていないとメイクアップアーティストになれないということはないのですが、やはり専門知識になりますし、特殊メイクの勉強などは専門学校でないと学べないので、自分がどんな分野でメイクアップアーティストとして活動したいかという意思の絞り込みを行うためにも、専門学校に通う意義はあると思います。

専門学校卒業後、ショーメイクなどをしたいという方は、メイク事務所に所属する方が多いようです。
事務所にはさまざまなオファーがありますので、ショーメイクを行う機会にも恵まれます。
どんな分野のメイク依頼が多いか、ということは、事務所によって異なりますので、それぞれの個性を確認してから応募するとよいでしょう。

モデルさんのヘアメイクなどをする場合も、メイク事務所に所属するケースもありますが、美容室でメイク事務所を併設しているところがありますので、そういったサロンに就職して、メイクの仕事が入っていないときは美容室でサロンワークを、メイクの仕事の依頼が入ったときにはメイクの仕事をする、という形で働いている方も多いようです。

メイクアップアーティストは、美容師から転身する方も多いので、そういった方はどちらもキャリアも活かせるように、美容師とメイク事務所を併設しているところで働かれている方が多いようですね。

そのほか、フリーでメイクアップアーティストとして活動している方もいらっしゃいます。
メイク事務所から独立したり、専門学校に通っているときに培ったネットワークを通じて、現役メイクアップアーティストに師事し、シスタント業務を行いながら実力をつけて独立する、というパターンもあります。

それぞれの進路については、その人の環境などによっても変わってくるかと思いますが、まずは自分がどういった分野で仕事をしたいかということを明確にすることが大切。
人気のある業界は狭き門ですので、なかなか思うような仕事に就くことが出来ないという場合もありますが、技術を磨く努力はもちろん、ネットワークを広げることでチャンスが生まれますので、小さな機会も逃さずに、自分のやりたいことをやれる場を模索してください。