ネイルアーティスト

ネイルアーティストの仕事は、顧客にネイルを施すのがメインのお仕事です。

サロンワークをしている方は、サロンに訪れる顧客の施術を行うのが基本ですが、フリーランスや有名なネイルアーティストになると、芸能人のコンサートや、ロケ現場での施術を行う方もいらっしゃいます。
美容師やエステティシャンでも同様ですが、サロンワークをしていても、芸能人などからオファーが入ると、楽屋まで出向いて施術を行うこともあるようですので、そうなるとサロンワークのネイリストも、立派なネイルアーティストであるといえますね。

成長とやりがいを

ネイルアーティストのやりがいは、施術が完成したときにお客さまが見せてくださる笑顔はもちろんのこと、自分で行った施術がうまくいったときの喜びも大きいかと思います。
何の仕事でもそうですが、ただ仕事をしているだけでは、ものづくりに関する仕事だろうが、ルーチンワークの仕事だろうが、やりがいというものは感じられません。

1人の施術においても、自分で「ここを意識する」というテーマを決めて、そのテーマをしっかりと遂行できたときは、自分の成長とやりがいを感じることができます。
そのテーマをしっかりと消化できたら、次はまた小さなテーマを考えて、それを遂行していく。
仕事のやりがいというのは、その仕事本来のやりがいももちろんあるかと思いますが、自分で作っていくものであるともいえるのです。

働き方はいろいろ

ネイルアーティストの仕事は、その働き方によってかなり異なります。
サロンで働いている人の場合はサロンの清掃や備品の補充や発注なども仕事のひとつになりますが、フリーランスや出張ネイルアーティストとして活動している方は、清掃などは仕事に入りません。
その代わり、ネイルの講師として講義を依頼されることもありますので、サロンワークとはまた別の業務が入る可能性も。

いずれにせよ、ネイルアーティストの仕事は、施術以外にもさまざまなものがありますので、いろいろな角度から柔軟性を持って働くことが、ネイルアーティストとして活躍できるひとつの適性だといえるでしょう。

ネイルアーティストになるには