ネイルアーティストになるには

a0007_000416ネイルアーティストになるには、まずはネイルサロンで働くことが一番の近道かと思われます。
基本的にネイルアーティストの仕事は、国家資格を取得しないと施術を行うことができない、という規制などはないので、自分で施術を覚えれば、すぐにでも仕事を始めることができます。

人気のネイルアーティスト

しかし最近は、ネイルアーティストになりたいと考える方が増えてきたことや、優秀なネイリストが増えてきたことから、志望者はスクールなどに通って知識や技術をみにつけてから、就職活動を行う、という方が多いようです。
以前から自分でかなり本格的にセルフネイルをしていて、プロ顔負けの技術を持っている、という方もたまにいらっしゃいますので、そういった方はチップに施した作品などを見せることで、スクールなどに通われていなくても、十分第一線で活躍できる可能性があります。

ネイルアーティストの働く職場は、ネイルサロンはもちろん、美容室とネイルサロンが併設しているお店もあり、そういったところでも仕事ができます。
美容師の免許を持っていて、かつネイルアーティストとして働きたいという方は、ネイルの予約が入ったときはネイルの施術を、それ以外、または美容室の方で予約がはいったときにはヘアスタイリストとして働く、という形をとっている方もいらっしゃるようです。

このような形で働けると、美容師の資格も活かすことができるので、よりやりがいがありますし、収入UPにもつながるのでよいと思います。
ちなみに、美容室にネイルサロン、まつげエクステのサロンが併設しているお店もあるようですよ。

求人もたくさんある仕事

以下のサイトは、ネイルアーティストの仕事のみを集めて求人情報を掲載しているサイトです。
ネイルサロンは、一部の例外を除き、基本的には顧客もスタッフも女性が多いので、女性の多い職場で働きたい方、またそれが苦にならない方に向いているお仕事であるともいえます。

参考サイト:美容関連の求人情報

こちらのサイトに掲載されている求人情報は、日本全国の情報が掲載されているのはもちろん、さまざまなタイプのサロンがありますので、あなたが働きたいと思うサロンがきっと見つかるはず。
利用はすべて無料ですので、ぜひ活用してみてください。