ネイルアーティストの資格

ネイリストの資格取得は基本?

ネイルアーティストは、お客様にきれいなネイルを施して差し上げるのが仕事です。
この仕事はエステティシャンと同じように、法律で資格取得が義務付けられているわけではないので、無資格でも施術を行うことが可能な職業になりますが、現在ネイリストとして活躍している人のほとんどが、ネイルの資格を取得しています。

昔は無資格でも見習いからネイルサロンで働けることができましたが、今は募集条件としてネイルの資格を○級以上持っている人、と指定しているサロンもありますので、ネイリストの資格取得はもはや当たり前の時代になってきているようです。

ネイルアーティストが取るべき資格は?

ネイル関連の資格はさまざまなものがありますが、ネイリストの登竜門として一番知名度が高いのが、INA(ジャパンネイルアソシエーション)が運営する「ネイリスト技能検定試験」です。
これは3級から1級までで構成されており、1級が一番難易度が高い級になります。

3級は独学でも合格できる可能性が高いといわれていますが、1級はかなり難易度が高く、プロのネイルアーティストでも不合格になってしまうことがあるようです。
そのため、スクールなどに通って試験対策を行う人もたくさんいます。

ネイリスト技能検定試験がネイルのケアや基本のポリッシュの塗り方などを検定するのに対し、同じJNAが運営している「ジェルネイル技能検定試験」は、ジェルネイルに特化した資格です。
多くの人が、ネイリスト技能検定試験を受験し、合格したらジェルネイル技能検定試験を受けるという形で両方取得されています。

勉強方法について

前述したように、3級においては独学で学ばれている方も少なくありません。
しかし、2級や1級においては難易度がかなり高いので、プロの指導を受けながら勉強するほうが効率的です。

勉強方法としては、ネイルスクールに通ったり、通信講座で勉強するという方法があります。
スクールよりも通信講座のほうが受講料は安価で収まりますが、わからないことをすぐに質問することができないもどかしさがあるほか、通信講座だと思うように勉強を進められないという人もいらっしゃるようで、1級においては通信講座よりも実際にスクールに通って学ばれている方が多いようです。

勉強方法については費用やその人のライフスタイル、持っているスキルなどによっても変わってきますので、ご自身で一度検討してみて、よりスムーズに学習できると思われる方法を選ぶとよいと思います。