ウェブデザイナー

顧客の求めるデザインを

ウェブデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインをするのがメインの仕事になります。
ホームページをつくってほしいという依頼が入ったら、顧客と打ち合わせをしながらデザインを決め、何度か打ち合わせを重ねて、最終的に決定したデザインでホームページを作成していきます。

厳密には、WebデザイナーとWebコーダーという仕事に分かれており、Webデザイナーはデザインをするのが仕事、コーダーはWebサイトをつくるためのHTMLをコーディングするお仕事になります。
以前は、それぞれの人がそれぞれの仕事をし、デザイナーがデザインをつくり、画像などもつくったら、コーダーがその後にHTMLのコーディングを行い、サイトが完成する、という流れが一般的でした。

しかし最近は、デザインもできてコーディングもできる人、というのが重宝されるようになり、ある意味何でもできるような人が、フリーランスでも仕事を多く取ることができているようです。
これまでデザインだけをやってきた方は、いきなりコーディングをしろといわれると厳しいようですが、最近は趣味でサイトを自分で構築している方も多く、その場合はデザインもコーディングも自分でやっているという場合がほとんどなので、これからはWebデザイナーといえば、コーディングもできる、という認識になっていくかと思われます。

仕事のやりがい

この仕事のやりがいは、クライアントを始め、デザイナーやディレクター、ライターやコピーライターなど、いろいろな人が協力をし合って仕事を進め、サイトが完成したときの達成感が大きい点が挙げられるかと思います。
映像作品などもそうですが、たくさんの人が協力し合って作品をつくるというのは、とても楽しいですよね。
こうしたやりがいが大きいのでしょう。

そのほかにも、デザインをすることが好き、インターネットなどのWeb関連に携わっていることが好き、という方も多いので、そういった方々は、こうした仕事にとてもやりがいや楽しさを感じているようです。
この仕事の作業は、やり始めると時間を忘れてしまうほど夢中になってしまうことがあります。
ここまで夢中になれる仕事というのは、適性はあるにせよなかなかないんじゃないかなと思います。
そのため、つい作業が深夜に及び、美容に悪いライフサイクルになってしまうことも。

ほかの項では、Webデザイナーになるための流れや、仕事に活かせる資格などについてご紹介していきましょう。

ウェブデザイナーになるには(作成中)

ウェブデザイナーの資格(作成中)