ウェブデザイナーの資格

Webデザイナーに関する資格は実にたくさんあります。
民間で運営されている資格も有りますし、国家資格として運営されているものも。
それぞれの資格に特性がありますので、これからご自身が進みたい方向により近いと思われる資格を受験されるとよいでしょう。

Webデザイン関連の国家資格には「ウェブデザイン技能検定」があります。
国家資格というだけあってWeb関連の資格の中でも出題範囲が広く、難易度が高いといわれていますが、その分資格を習得することでスキルアピールにも繋がりますし、自分に自信もつくのではないでしょうか。

そのほか、デザインに特化した資格としては、日本Webデザイナーズ協会が運営する「Webデザイン検定」というものもあります。
こういった資格はさまざまな民間の団体が運営していますが、こちらの試験はパソコンを使って行う選択式の試験になりますので、コーディングをしながら試験を行う、というものよりは難易度が低いという噂も。

また、Webデザインを行うにはさまざまなソフトウェアを必要としますが、そのソフトを提供している会社が運営している資格もいろいろとあるようです。
画像加工やHTML作成ソフトを多数提供しているアドビでも、各ソフトにおける資格を展開しています。
アドビのソフトはWebデザイナーであれば必ず使用するといっても過言ではありません。
こういった資格を取得することで、知識を身に付けることができますし、「この人はこのソフトについてはある程度使えるんだな」と採用する側にアピールすることができるので、実用的な資格だと思われます。

重要なのは、資格を取得したからといって必ずしも仕事に活かせるとは限らないという点です。
美容師であれば、国家資格を取得しないと美容師として仕事をすることができないと法律で決められていますが(アシスタント業務を除く)、Webデザイナーは資格がなくても仕事をすることができます。

重要なのは、いかにより伝えたいことを伝えられるデザインがつくれるか、ということ。
資格を取得しても、デザイン能力がかけているという人はとても多く、そういった方はせっかく資格を取得しても、就職となると難しいと感じていると思います。

就職をする上で資格を取ることが有利になるということはもちろん可能性としてあるのですが、デザインスキルというのは資格では測れないもの。
まずはたくさんのWebデザインをつくって、実績を増やすと共に、デザインスキルを磨くことが一番大切なのではないでしょうか。