ウェブデザイナーになるには

Webデザイナーになるには、Webデザイン事務所などに就職するのが最も一般的です。

昔は学校などに通わなくても、ある程度独学でWeb制作やデザインの知識を身に付けたら、あとは働きながら仕事を覚えていくということも可能でしたが、最近はWebデザイン関連のスクールや専門学校が充実しているということもあり、学校を卒業して、Web関連の資格を取得した上で、就職をする方が増えています。

必ずしも資格を取得していないといけないということではないのですが、有資格者と無資格者では、スキルや経験が同じだった場合にはどうしても有資格者が有利になります。
またポートフォリオサイトなどがない場合には、その人がもっている知識やスキルを証明することができないので、資格はこうしたものをアピールする効率のよいツールです。
これからWebデザイナーを目指したいという方は、専門学校などに通ってスキルを身に付け、資格取得を目指すとよいと思います。
多くの専門学校では、卒業までに何らかの資格取得を目指すカリキュラムが組まれているようです。

Webデザイナーにはフリーランスで仕事をしている人も多くいらっしゃいますが、それぞれの方はだいたい最初はWeb製作会社などで働き、そこから独立していく人がほとんど。
まれに独学で学んで、いきなりフリーで活動を始める方もいらっしゃいますが、仕事を得るためのネットワークが少ないので、生計を立てられるくらいに稼ぐ人は少ないのではないかと思われます。

Web製作会社で働き、独立とともに働いていた会社やその取引先から直接仕事をもらって制作を行う、という流れが一般的です。
会社勤めだとかなり不規則な生活になりますので、結婚などを気に独立してフリーになる、という方が多いようですね。

Webデザイナーは、働く上での年齢制限は法律上はないのですが、あまり年配の方になると、スキルの有無は関係なく採用されにくい傾向にあります。
その場合は、いきなりフリーとして働くという選択をするほうが、スムーズに仕事を得ることができるかもしれません。
一般的に未経験で入る人は、20代前半、そして何らかの専門学校を卒業して、資格を取得していることが、暗黙の条件になっている傾向があるようです。

それでも、年齢を重ねてもスクールを卒業して就職しているという方もまれにいらっしゃるようですので、これからWebデザイナーに転身したいという方は、求人の同行を見ながら進路を検討し、スクールなどで学ばれるとよいと思います。