女性が多い職場での社交術

ほかの項で触れたように、女性が多い職場はなにかとストレスが溜まりやすい環境です。
だからといっていつもイライラしていては、自分がつまらなくなってしまいますよね。
上手な社交術を身に付けて、ストレスをするりとすり抜けてしまいましょう。

まず、意地悪な先輩がいたときは、とにかくスルーするようにする。
いうことをスルーするのではなく、「この人が悪意を持っている」ということを考えないようにして、指導されたことはしっかりと遂行し、そのほかのコミュニケーションは極力とらないこと。

これを続けていくことで、意地悪な先輩はあなたに意地悪をしても反応が薄いことがつまらなくなって、意地悪をやめてくれる可能性が高いです。
あまりひどい場合にはさらに上の上司などに相談するというのもひとつの手。
その人がいるから会社を辞めてしまおうと思う前に、異動願いを出してみるというのもよいと思います。

次に、悪口が蔓延していたとしても、絶対に自分は人の悪口を言わないこと。
そして、悪口を言っている人の非難も絶対にしないこと。これは鉄則です。
一緒になって悪口を言ってしまうと、絶対に後から自分に返ってきます。
そしてそれが致命傷になって、あなたがその職場にいづらくなったとしても、誰もかばってくれません。
人の悪口を言ってよいことはひとつもありませんので、つい言いたくなってしまってもぐっとこらえて。

そして、悪口を言っている人がいても、「そういう陰口はよくないと思います」などとその人を非難するのもご法度です。
こちらも、その後自分に悪口が降りかかってきてしまいます。
「あなたもそう思わない?」と振られてしまったら、「私はあまりその場にいたことがないからわからないんです」などと適当に濁し続けましょう。
濁し続けることで、やはりあなたにこういった話を振ってもつまらないと思ってもらえて、悪口を言わされることがなくなります。

女性同士の付き合いは、職場以外でも同様ですが「距離感」が重要になります。
ほどよく距離を置いていないと、あとから絶対に衝突してしまうことになるので、つかず離れずくらいの距離を上手に保ち、ほどよいお付き合いができるように心がけましょう。

ママ友トラブルなどは、その距離感をうまく保てないがために起きてしまうケースが非常に多いもの。
職場は毎日同じ人と顔を合わせるので、ママ友付き合いよりも距離感が重要になります。
ポイントを抑えて、もめごとに巻き込まれることのないようにお仕事に励みましょう。